top
支援内容の紹介
PAGE TOP▲
現在実施中の創業支援サービス
カタリストによるワンストップサービス

カタリストとは;英語の“catalysis”(化学)触媒反応作用から、”catalyst”(カタリスト)となって「触媒」、さらに「良い感化を与える人(物)」と言う意味があります。 カタリストによる支援内容;当NPOでは「アジア起業家村」の入居企業に対し、ビザ取得の支援など生活支援及び経営支援をNPO独自の事業として実施しています。(ただし、ビザ取得や弁護士、会計士などの業務は、有料になるものがありますが、信頼と実績のある専門家が対応いたします。) 具体的には、カタリストがお問い合わせにより、入居(希望)企業に対し、ワンストップサービスの支援をして参ります。 現在、カタリストはNPOの専務理事兼事務局長が務めています。アジア起業家村(第1アジア起業家村はJR浜川崎駅から徒歩6分のTHINK、第2アジア起業家村は京急小島新田駅から徒歩7分のアジアサイエンスカフェ)を中心に活動しております。また、NPO会員が豊富な経験によりメンターとして支援をさせていただいています。 詳細は、事務局までお問い合わせください。

カタリストの紹介

牟田口 カタリスト  ((株)夢みらい21代表、海援隊21代表幹事、当NPO専務事長)

牟田口カタリスト

変革の時代といわれて久しいが、社会は変わったようでいてその姿を明確に現していない。何故なら、変革の芽はふき、育っているが、回りの古い樹木の林にまだまだ埋もれている状態だからである。この古い林の中から新しい芽(起業家)を育てて自然循環型の森(産業構造)にすることが現代の組織や地域、国の喫緊の課題になっている。やっと古い政治の世界が変貌し始めた。これからアジアの起業家精神を持った人材の発掘、育成こそ現代の最重要課題であることをもう一度再認識し、アジア起業家村の始まった5年前の初心に立ち返って取り組みたい。アジア起業家そしてNPO会員の皆様と共創、共育、共進化していきたい。

アジア起業家村卒業生の活躍

THINKイメージ1

アジア起業家村の拠点:THINK(川崎臨海部) 既に、バイオ、ナノテク、新素材、ロボット等の 企業が進出し、コラボレーションが期待できます。

アジアサイエンスカフェ

オフィス進出への支援

第一アジア起業家村のインキュベーション施設は川崎市の「THINK」内にあります。インキュベーション施設内用、活動詳細、アクセス(JR浜川崎駅から徒歩6分)はこちらをご覧ください。

THINKのご案内

第二アジア起業家村のインキュベーション施設は川崎市の「アジアサイエンスカフェ」内にあります。インキュベーション施設内用、活動詳細、アクセス(京急小島新田駅から徒歩7分)はこちらをご覧ください。

アジアサイエンスカフェのご案内

詳細はNPO事務局や各施設あてお問い合わせください。

各種融資制度の提供

川崎市に来られて1年以上事業を営んだ実績があれば次 のような融資をはじめ各種の融資制度が御利用できます。
●振興資金(最高限度額2億円)
●小規模事業資金(最高限度額3,500万円)

 (いずれも運転資金・設備資金)

詳細はお問い合わせ下さい。>>
アジア起業家村の支援・融資 -ビジネスから日常生活をトータルにサポート
支援イメージ

○財団法人川崎市産業振興財団(川崎市中小企業サポートセンター)と日本で最大規模のサイエンスパークKSPが、これまでの経験と実績を生かして創業支援、ビジネス 支援、教育研修といったベンチャー支援を行います。
○外国人の方々が日本の生活環境に馴染んでいただ くため言語・習慣・コミュニケーションの問題解決、住居 医療機関の紹介など日常生活の支援を含めた、ワンストップサービスを行います。

支援メニュー
経営相談 IT関連サポート 技術相談 販路開拓
資金調達支援 会社設立等手続支援 産学連携による
マッチング
人材育成支援
企業交流支援 広報・PR支援 住居、医療機関の紹介 ビザ、在留資格の取得
など日常生活支援
川崎市、NPO、KSPの支援内容

工事中

background_map